無料ブログはココログ

一緒にご飯

  • 090610_6
    お料理&楽しい時間♪

ダンス

  • Arutan_1
    ダンス♪

最近のトラックバック

« うっかり・・・ | トップページ | タンゴの先生 »

2008-10-20

月曜日のご飯

会社では、もう来年度の施策の話し合いとなり、もうそんな時期になってんだーと改めて時間の早さにビビッてますΣ( ゜Д゜)ハッ!

月曜日はセンベさんと比較的早い時間に一緒に食事のできる日です。今日は、会社の帰りに秋刀魚を。冷蔵庫にかぼすが入っていたのを思い出したのでしたgood(センベさんが生徒さんからいただいたようです)

本日のメニューは、・秋刀魚の塩焼き~ ・じゅんさい&なめたけおろし~ ・ひじき~ ・麻婆豆腐~ ・山芋とわかめ~

200810211

ダイエットメニューかしらん・・・と思っちゃうようなメニューですcoldsweats01

っていうか、かぼす!!忘れてんじゃんbearing

200810213

秋刀魚の季節ももう終わりますね。。。あまり脂がのってませんでしたが美味しかったです。

200810212

じゅんさい好きのセンベさん。まんちゃんはピンとこないのですが、ま、のどごしはよろしいようで・・・happy01

200810214

日本酒の前ににシャンパンのロゼを・・・ほんと美味しかったです。

さー、ここで問題です!

シャンパングラスの底から立ち上る泡を、フランス人は何にたとえるでしょうか?

  1. 歌(シャンソン)
  2. 真珠(ペルル)
  3. 雪(ネージュ)
  4. 星(エトワール)

シャンパンの命は泡と言われています。泡が絶えずシュワシュワと続くことがポイントです。泡が立たないときは、ソムリエさんに話して取り替えてもらうことも可能です。まんちゃんも前に取り替えてもらったことがあります。「あの~~、このシャンパン、泡が・・・」というと、すぐに「一口いただいてもいいですか」と言われて試飲後、すぐに取り替えてくださいました(^^) ステキ!

泡がキレイに続くようにシャンパングラスにはいろんな工夫がされているという話を聞いたことがあります。グラスの底をナイフなどで傷つけると派手に泡が出るそうです。最初からそのような加工が施されたものもあるらしいです。

でも、まずは、細長いフルートグラスを選ぶことが肝心。シャンパン専用のグラスには、底にピンで突いたような凹みがあって、これを「泡ジェネレーター」と言うそうで、ここから大量の泡が出るようになってるそうです。

あと、さらに・・・キレイに洗っていないグラスからも泡がよく出るそうですが、まんちゃんちのグラスは多分キレイなはず・・・(゚ー゚; ですので、今日のシャンパンはきっといい出来です。。。

もっともっと大量に泡を出したいときは、角砂糖を1個入れます。大量の泡とともにロマンチックな景色となって、さらに、酸味がやわらかくなりシャンパンに厚みが出るそうですが、これは、映画『カサブランカ』でハンフリー・ボガードがイングリッと・バーグマンと飲んだ「シャンパン・カクテル」なんだそうです。(クイズでワイン通 葉山考太郎著より)

 

本日のシャンパン、とってもまいう~な一本でしたheart02

200810215

毎日美味しく食事ができることに感謝し、何気ない料理に「うまい!」と言ってくれることを嬉しく思います。(←以前、ノーリアクションの時があり、その時にまんちゃんが「作り甲斐がない~~~~(。>0<。)と、不満をもらしたところ「本当に美味しいよ!!どうしたらいいの?」と言うので「うまいいいい!!!と言ってのけぞるくらいやって><!!」とお願いしました。それ以後、本当に^^;たまにのけぞり、オーバーリアクションで「うまいいいい!!!」と言ってくれるようになりましたscissors・・・)←ほとんど強要してます(^^;)

それでまた、「おーーし、また頑張ってつくろっ」となるのですから単純です。

感謝をこめて「いただきます」と「ご馳走さま」を言おう!!

そして「ご馳走さま」のあとに「あー美味しかった」をつけてね。。。センベさん!!←またも強要(^^;)

 

回答 : 2 の真珠(ペルル)が正解でした。当たりましたか?(^^)/ センベの回答:○

« うっかり・・・ | トップページ | タンゴの先生 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1111878/24646459

この記事へのトラックバック一覧です: 月曜日のご飯:

« うっかり・・・ | トップページ | タンゴの先生 »